「収穫の十二月」シリーズ


雪深き田舎町の人々が織りなす
十二月の物語。

人物リストウェブ用SUMMER
【プチノベルシリーズ】とは?

【プチノベルシリーズ】とは、弊社フライハイワークスにより提供される
「3DSで、安価でおてがるに読むノベルシリーズ」のことです。

右手or左手、どちらでも片手で操作できるようにデザインされており、
ちょっとした時間に、手軽に読める、「おてがるビジュアルノベル」です。


YouTube Preview Image


##################################################

web_banner_640x300_DEC

タイトル:プチノベル「収斂の十二月」

配信価格:200円(税込)
配信日:2014/12/24

●【収斂の十二月】あらすじ
十一月に起きた出来事以来、バラバラになってしまった仲間たち。
一年の終わりを迎えようとする時、
柾木は失ったものを全て取り戻すべく、最大の勝負にでる。

●そして、物語は「収斂」する。
2013年12月、1作目「収穫の十二月」を皮切りに、春夏秋冬をめぐり、
今作「収斂の十二月」で完結を迎える
【プチノベル「収穫の十二月」】シリーズ。

1年を経て、柾木達はどのような成長をし、
そしてどのような結末を迎えるのか?
ぜひ皆様の目で確かめてみて下さい。
 Screenshot_08 スクリーンショット1上_141224_プチノベル「収斂の十二月」_CTRNKDCJ
↑ 相変わらず元気いっぱい 瑞穂 ↑ ↑ 「あの一件」以来、耕平に強い敵いを抱く裕美 ↑
 スクリーンショット2上_141224_プチノベル「収斂の十二月」_CTRNKDCJ  スクリーンショット4上_141224_プチノベル「収斂の十二月」_CTRNKDCJ
 ↑ 平然を装う、早苗 ↑ ↑  しろの発した言葉の意味とは ↑
##################################################

ev_f11_640x300

タイトル:プチノベル「別離の十一月」

配信価格:200円(税込)
配信日:2014/11/19

●【別離の十一月】あらすじ

ついに究極の選択を下した柾木と耕平。
その決断は仲間内でどのような変化をもたらすのか、
想像にも及ばなかったことが起こる、いや、起こってしまう。

選ばれた者達の想いは?そして選ばれなかった者たちの想いは?
別離の時が訪れる。
 Cap_001 Cap_002
↑ 十和田家の令嬢 雪 ↑ ↑ 柾木は雪を選択したのか? ↑
 Cap_003  Cap_004
 ↑ しろの心からの叫びは届くのか? ↑ ↑  そして、柾木した「選択」とは…↑
##################################################

web_banner_640x300_OCT

タイトル:プチノベル「破談の十月」

配信価格:200円(税込)
配信日:2014/10/22

●【破談の十月】あらすじ

「破談の十月」は、神の住まう町・多紙町で暮らす高校生、
紺野柾木【こんの まさき】とその仲間達が過ごす
10月の出来事を描いたビジュアルノベルゲームです。

秋を迎えた多紙町。
この時期、学生にとって一番のイベントはやっぱり学園祭!
占い、メイドカフェ、闇クレープ、誰と行って何を見て回る?
楽しい雰囲気の最中、ようやく柾木と耕平に選択の時が来る――
 スクリーンショット1上_141022_プチノベル「破談の十月」_CTRNKHDJ スクリーンショット2上_141022_プチノベル「破談の十月」_CTRNKHDJ
↑ 突如学園祭に降臨した[みかみ ↑ ↑ 口より先に手が出るタイプの[水上鏡] ↑
 スクリーンショット3上_141022_プチノベル「破談の十月」_CTRNKHDJ  スクリーンショット4上_141022_プチノベル「破談の十月」_CTRNKHDJ
 ↑ 一年に一度の学園祭だ! ↑ ↑ 学園祭の最後に柾木がする決断とは…↑
##################################################

web_banner_640x300_SEP_new

タイトル:プチノベル「子宮の九月」

配信価格:200円(税込)
配信日:2014/09/24

●【子宮の九月】あらすじ

「子宮の九月」は、神の住まう町・多紙町で暮らす高校生、[紺野柾木]と
その仲間達が過ごす9月の出来事を描いたビジュアルノベルゲームです。

8月の神降ろしで神の子を身に宿した雪としろ。
伴侶の役目を果たした柾木は、父親になることにたいして心境複雑だった。
そんな中で後輩の中平ゆかりに言い寄られ、
一ヶ月限定の恋人になってほしいと願い、柾木は彼女の願いを受け入れてしまう。

その後、柾木とゆかりの関係は深まってゆくが、別れの時間が近づいてゆく。
ゆかりとの別れの日、蒼はゆかりの秘密をつきとめるが…。
 スクリーンショット1上_140924_プチノベル「子宮の九月」_CTRNKSPJ スクリーンショット2上_140924_プチノベル「子宮の九月」_CTRNKSPJ
↑ その後、雪は神の子を身に宿す ↑ ↑ 突如現れた、柾木に好意を寄せる、ゆかり ↑
 スクリーンショット3上_140924_プチノベル「子宮の九月」_CTRNKSPJ  スクリーンショット4上_140924_プチノベル「子宮の九月」_CTRNKSPJ
 ↑ 桜と、かりそめの姉、蒼。 ↑ ↑まっすぐに気持ちをぶつけるゆかりに心を揺らす、耕平↑
##################################################

web_banner_640x300_AUG

タイトル:プチノベル「祝祭の八月」

配信価格:200円(税込)
配信日:2014/08/27

●【祝祭の八月】あらすじ

「祝祭の八月」は、神の住まう町・多紙町で暮らす高校生、
紺野柾木とその仲間達が過ごす8月の出来事を描いた
ビジュアルノベルゲームです。

神の力を失くしてしまった多紙の土地神「しろ」。
力を取り戻すべく、一同が向かった先は【六式島】。
そこで行われる六式祭の【神降ろしの儀式】で問題解決する筈が、
事態は思わぬ展開へ…!
 screenshot02 screenshot03
↑ 六式島まで来た一行 ↑ ↑ 六式島に住む、一直視(いちもんじ なおみ) ↑
 screenshot04b  screenshot05
 ↑ 直視の妹、曲(まがり) ↑ ↑ 雪が六式島で遭遇した出来事とは…? ↑
##################################################

web_banner_640x300_JUL

タイトル:プチノベル「神学の七月」

配信価格:200円(税込)
配信日:2014/07/16

●【神学の七月】あらすじ

夏を迎えた多紙町。
山だ!海だ!青春だ!――とはいかず、なんと外は雪景色、母は神様と雪合戦!?
季節は逆転、一体何が起こってしまったのか。

どうやら、土地神の「しろ」に異変が…。


 スクリーンショット1上_140716_プチノベル「神学の七月」_CTRNKG7J スクリーンショット2上_140716_プチノベル「神学の七月」_CTRNKG7J
↑ 主人公柾木と仲間たち ↑ ↑ このダンディなオジサマは…? ↑
 スクリーンショット3上_140716_プチノベル「神学の七月」_CTRNKG7J  スクリーンショット4上_140716_プチノベル「神学の七月」_CTRNKG7J
 ↑ しろのうつろげな表情が意味するものは…? ↑ ↑ 柾木の母、まみちゃん ↑
##################################################

   web_banner_640x300_JUNE

タイトル:プチノベル「婚儀の六月」

配信価格:200円(税込)
配信日:2014/06/25

●【婚儀の六月】あらすじ

バレンタインデーにチョコレートをもらって以来、
早苗の気持ちに見て見ぬふりしてきた耕平。

意識しないようにすればするほど、
彼女の気持ちを強く感じてしまう。

「自分」は一体どうしたいのだろうか。
戸惑う彼に、試練が与えられる。


 スクリーンショット1上_140625_プチノベル「婚儀の六月」_CTRNJNBJ スクリーンショット2上_140625_プチノベル「婚儀の六月」_CTRNJNBJ
↑ 早苗と耕平 ↑ ↑ 耕平の妹、瑞穂 ↑
 スクリーンショット3上_140625_プチノベル「婚儀の六月」_CTRNJNBJ  スクリーンショット4上_140625_プチノベル「婚儀の六月」_CTRNJNBJ
 ↑ 田上さんちの桜ちゃん ↑ ↑ 早苗の涙のワケは…? ↑
##################################################

   web_banner_640x300_MAY

タイトル:プチノベル「闘劇の五月」

配信価格:200円(税込)
配信日:2014/05/21

●【闘劇の五月】あらすじ

『闘劇の五月』は、神の住まう町、
多紙町で起きる5月のできごとを描いたビジュアルノベルゲームです。

行方不明になっていた隣町・酒島町の姉神「まよい」。

彼女は多紙町の土地神「しろ」を打ち倒す術を手に入れるため、
100年もの間、旅をしていたのだった。

力を身につけて帰ってきた今、「神vs神」の戦いがついに始まる…!?
 May_02 May_03
↑ まどいの姉「まよい」 ↑ ↑ この小動物のような女の子は一体…? ↑
May_04-2 May_05
 ↑ シャキーン! ↑ ↑ ぐへへ… ↑
##################################################

web_banner_640x300_APR

タイトル:プチノベル「青嵐の四月」

配信価格:200円
配信日:2014/04/23

●【青嵐の四月】あらすじ

柾木のいとこ、貫(ぬき)を迎えに駅まで来た一同。
そこで柾木が再開を果たしたのは、貫だけではなかった。
蒼(あお)。
この人を避けるために、柾木は一年前、逃げるように多紙町まで来たのだった――。

なぜ、柾木は人と隔たりを作る精神を持ち合わすようになったのか。
過去に柾木に一体何があったのか。

柾木をめぐる多角関係は、
更なる混沌へ。
 1 2
↑ 「来ちゃった♡」 ↑ ↑ 転校してきた[蒼] ↑
3 4
 ↑ 柾木のいとこ、[貫] ↑ ↑ 柾木をめぐる関係は更なる混沌に ↑
##################################################

web_banner_640x300_MAY

タイトル:プチノベル「恋々の三月」

配信価格:200円
配信日:2014/03/19

●【恋々の三月】あらすじ

アルバイトに精を出していた柾木は、雪の母である十和田真白からアルバイトの提案をされる。
条件の良さに引き受けたアルバイトは、ベビーシッターだった。

しかも、母親役として雪をパートナーにしなければならないことに、柾木は頭を痛める。

柾木と一緒に赤ん坊の恋(れん)の世話ができることに張り切る雪に対して、
柾木は機械的に恋の面倒を見る。

冷たい態度を取る柾木と、愛情を注ごうとして失敗する雪との間ですれ違いが起こり、対立してゆく。
 SS001 SS002
↑ ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ ↑ ↑ ウフフーアハハー ↑
SS003 SS004
 ↑ 雪の母、[真白] ↑ ↑ [耕平]と[瑞穂] ↑
##################################################

web_banner_FEB_640x300

タイトル:プチノベル「贈与の二月」

配信価格:200円
配信日:2014/02/26

●【贈与の二月】あらすじ

『贈与の二月』は、多紙町で暮らす女子高生、
森野早苗(もりの さなえ)の過ごす
2月の出来事を描いたビジュアルノベルゲームです。

12月の遭難事件以来、
耕平を意識するようになった早苗。

彼の手のあたたかみが忘れられない。
変化は関係の崩壊を招くかもしれない。
けれど、欲しいものは常に恐怖の向こう側にある。

来るバレンタインデー。
とどけ、この想い。
 SS002 SS003
↑ 「二月」の主役[森野早苗] ↑ ↑ [耕平]と[桜] ↑
SS004 SS005
 ↑ [瑞穂]と[もより] ↑ ↑ 三人の悪戦苦闘の結果やいかに ↑
##################################################

web_banner_JAN_640x300

タイトル:プチノベル「境域の一月」
配信価格:200円
配信日:2014/01/29

●【境域の一月】あらすじ
紺野柾木と遠山瑞穂は 多紙町と隣町の酒島町の境にある
酒島神社へ、初詣に出かけた。そこで酒島町の土地神、まどいと出会う。
自分の住まう土地の外に出てはならない――――
そんな土地神のルールを破ってまで、まどいはある探し物をしに多紙町へやってきた。
あてもない一人ぼっちのまどいに、瑞穂は協力を申し出る。
仲間を巻きこんで探検隊を結成し、 調査をはじめる瑞穂。
まどいもすっかり多紙町に溶け込み、日々が過ぎるにつれ、
大切な仲間として絆が強まる。
探し物の姿かたちもわからないまま、手あたり次第探そうとする瑞穂は調査に行き詰る。
その矢先、まどいは倒れてしまう。
 image2013_1223_2028_2 image2013_1223_2035_0
↑ [遠山瑞穂]と[まどい]の出会い ↑ ↑ 二人になにがおこったのか ↑
image2013_1223_2042_0 image2013_1223_2028_1
 ↑ [耕平]と[早苗] ↑ ↑ 多紙の神、しろ ↑
##################################################

web_banner_640x300

タイトル:プチノベル「収穫の十二月」
配信価格:100円
配信日:2013/12/18

3DSダウンロードソフト
 PIC002 PIC003
↑ 十和田家の令嬢 雪 ↑ ↑ 多紙町の神 しろ ↑
PIC004 PIC001
 ↑ 町の人々による 十二月の物語 ↑ ↑ タイトル画面 ↑

 

●【収穫の十二月】あらすじ
豪雪地帯で有名な町、多紙町。
その町に神がおり、住民は神の存在を当然のように受け止めている場所だった。
両親の仕事の都合で多紙町に引っ越してきた日、
紺野柾木は多紙町の神しろに夫婦になるよう告白される。

勢いに飲まれた柾木はしろの願いを受け入れてしまう。
その次の日、転校の手続きに学校に向かったとき、
多紙町で権力を振るう十和田家の令嬢、雪は柾木に一目惚れをしてその場で告白。
柾木はまた受け入れてしまう。

こうして神と人、二人の少女に挟まれた、奇妙な三角関係が始まった。
友人たちにも囲まれ、にぎやかな日々を過ごしてゆく。
多紙町での暮らしにも慣れたある日、雪は一つの提案をする。
「君とのややこ(赤ん坊)がほしい」

この一言が柾木たちの日々を大きく変えてゆく。

  (まだまだ情報更新中…)

YouTube Preview Image

YouTube Preview Image

YouTube Preview Image